blog
2017年04月19日

産学協同制作の机

弊社セミナールームです。

床はタモの柾目、壁は漆喰、開放的な空間です。%e5%86%85%e8%a6%b3%e2%91%a0-2

この空間には、どのような机が合うのでしょうか。

 

昨年、名古屋芸術大学 芸術学部 スペースデザインコースの授業で、

セミナールームに合う『天竜材を使用した机』を考えてもらいました。

 

弊社製材工場の写真を見た学生さんの目に留まったのは

「桟積みされた木材」img_5425

『桟積み』とは、木材を乾燥させる方法の一つ。

風が通るように間隔を空けて木材を並べ、桟木を置いて何段にも重ねて積むことをいいます。

弊社では、製品を桟積みした状態で、長い時間をかけて自然乾燥させます。

 

授業で提案された学生さんのアイディアは目を見張るものばかり。

柔軟な発想で、様々な机が提案されました。

 

学生さんの創造力はスゴイ!!

『桟積み』のイメージをもとに先生が監修し、産学協同で机の製作に入りました。

 

そして完成した机がこちら。
img_7954-2

『丁寧に桟積みされた木材の上に、澄んだ空が見える』

私が初めてこの机を見たときの感想です。
img_7960img_7958-2img_7961天板はガラス、木と木の間に入っている桟木のような黒い角材は、鉄です。

 

学生さんのインスピレーションと、イメージを形にする技術。

木・鉄・ガラス、それぞれの素材の良さと、調和。

全てが集まることで創り出されました。

 

セミナールームにお越しの際は、是非ご覧ください!

2017年04月19日 | Posted in ブログ | | Comments Closed