blog
2017年02月03日

天竜杉の大丸太①

天竜の山から、大きな丸太が届きました。

img_6212

直径64㎝、樹齢は推定130年。

 

%e5%a4%a7%e5%b0%8f%e4%b8%b8%e5%a4%aa

手前は直径16~20㎝程の丸太です。比べると、その大きさがよく分かりますね。

 

%e5%b9%b4%e8%bc%aa

年輪に刻まれた歴史。

大きな木や長生きした木には『精霊』が宿るそうです。

 

明治時代から生きてきた木々に敬意をはらい、塩を撒いて手を合わせます。

img_6240

 

製材所は『木に意思を持たせる事ができる最後の砦』

 

長い間、山を守り続けた木の命を預かり、新たな舞台で活躍できるよう形をかえます。

食べ物をいただくときと同じように、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

img_6247-2

どのような木も丁寧に、余すことなく製材する。

製品として新しい命を吹き込むことが、私たちの仕事であると思っています。

 

この丸太から、どのような製品が生まれるのでしょうか。

2017年02月03日 | Posted in ブログ | | Comments Closed