blog
2017年05月21日

4面無節の天竜桧柱①

弊社より天竜へ向かって1時間ほど車を走らせたところに、天竜区 熊 という地域があります。

その地で山林を営む『熊平智司』さんより、桧の枝打丸太が届きました。

もちろん【浜松市産のFSC認証材】です。

img_8109

img_8123-2熊平家は200年ほど前から林業を営んでいるそうです。

間伐や枝打ちなど、手入れの行き届いた熊平さんの山林。

大切に育てられた杉・桧は、真っ直ぐで節が少なく、天竜のなかでも特別良材と言われています。

 

『天竜桧の美しい柱を挽きたい!』

早速チャレンジします。

img_8182

img_8185

鋸を進めるにつれ、美しい断面が見えてきました。

丁寧に枝打ちされた桧丸太には、節が表れません。img_8194

四方無節(4面節なし)120㎝角用、FSC天竜桧の柱です。img_8195-2

img_8157-2桟積みし、これからじっくりと乾燥させます。

 

『天竜は並材』

そう耳にする事がしばしばあります。

しかし、天竜は『日本三大人工美林』に挙げられるほど、植林の歴史が古く、美しく豊富な森林があるのです。

500年以上前から杉や桧を中心に植林され、様々な樹齢、様々な育てられ方をした木が林立しています。

長い年月をかけて、手間を惜しまず 育てられた木々が今、適齢期を迎えているのです。img_8410-2

こんなに素晴らしい木が天竜にもあるということをもっともっとたくさんの方に知っていただきたい!

天竜材の魅力を、最大限に引き出せるような製材所でありたいと思います。

2017年05月21日 | Posted in ブログ | | Comments Closed